お金借りるならどこがいい?ーあなたに合ったお金の借り方教えます!

お金借りるなら

「お金を借りるなら、どんなところがあって、どこがおすすめなのか?」

お金を借りるならどこがいいか、分からなかったり悩んだりしますよね。

そこで、

「お金を借りるなら、どこがいい?」

「お金を借りる先は?」

をテーマに、

「お金を借りるところ」

「お金を借りる際のメリット・デメリット」

をご紹介します。

この記事で、あなたに合ったお金の借りる方法が見つけられます。

お金を借りるところが見つかれば、今抱えているお金の問題は解決し、悩みやストレスから解放されます。

家族や友人からお金を借りられる?

お金借りる 家族 友人

家族や友人からお金を借りられれば、厳しい審査もなく、担保も不要です。
利息だってつきません。

ただし、お金の貸し借りは人間関係を悪化させる最大の要因です。
それが原因で、絶縁状態になった人が大勢います。

家族や友人などの周囲の人からお金を借りるのは、お勧めできません。

何より、家族や友人に「お金を貸して」と言いにくいですよね?

そこで、家族や友人など周囲の人達以外から、お金を借りるところをご紹介します。

急いでお金を借りるなら消費者金融カードローン

お金借りる 即日 
急いでお金を借りるなら、大手消費者金融のカードローンを利用しましょう。

審査時間が最短30分で済んだり、即日融資に対応しているなど、あなたは今日中にお金を借りられる可能性があるからです。

お金を借りるおすすめNo.1「プロミス」

早くお金を借りたいなら、「プロミス」が一番です。

「プロミス」は、最短10秒で振込キャッシングを受けられるサービス「瞬フリ」に対応しています。

そして「プロミス」では、お金を借りる手続きを全てインターネット上で完結できる「Web完結」に対応しています。

さらに、審査は最短30分、最短1時間でお金が借りられます。

また、全国約200の金融機関で24時間365日、

しかも土日や夜間でも振込可能なのも魅力的ですよね。

お金を借りるなら「モビット」

「親や周囲の人に、お金を借りるのを知られたくない」。

そんなあなたに、「モビット」はお金を借りるのに最適なサービスです。

「モビット」は、お金を借りる手続きが全てWEBで完結します。

ですから、電話確認や自宅に郵送物が届くことなく、お金を借りられます。

連絡はすべてメールなので、お金を借りたことが周囲にバレません。

プロミスもモビットも、三井住友銀行の子会社です。
安心してお金が借りられますよね。

初めてお金を借りるなら「アイフル」

初めてお金を借りるなら、「アイフル」もお薦めです。

「アイフル」も、お金を借りる手続きがWEBで完結できます。

しかし、アイフルは多重申込者やすでに他社でキャッシングしている人への審査は割と厳しいです。

安全にお金を借りるなら「アコム」

「アコム」は消費者金融の老舗しにせで、利用者数も多いです。

インターネットから申し込めば、来店不要でお金を借りられます。

また、「アコム」の自動契約機「むじんくん」は、全国に設置されています。

「むじんくん」でローンカードを発行すれば、土日祝日でも最短なら即日でお金を借りられます。

アコムでは他の消費者金融と同じく、30日間まで無利息で借り入れできる「30日間金利0円サービス」が利用可能です。

ただし、アコムの「30日間金利0円サービス」は、

「アコムとの契約が初めての人のみ」
「契約日の翌日からサービスが適用される」
という点に注意しましょう。

※「30日間金利0円サービス」については、別記事でご説明します。

5万円以下のお金借りるなら「レイクALSA」

5万円以下のお金を借りるなら、レイクALSAがおすすめです。

借りるお金が5万以下なら、2つの無利息サービスを選べるからです。

そのサービスは、

1 借入れ額全額30日間利息0円
2 借入れ額の5万円まで180日間利息0円(無利息サービス)

「2」のサービスがあるので、5万円以下のお金を借りるなら、レイクALSAがおすすめです。

ただし、「1」と「2」のサービスは併用できません。

また「2」を選択した後に、追加でお金を借りても、無利息なのは最初の5万円だけという点も注意が必要です。

安全・低金利でお金を借りるなら大手銀行カードローン

銀行カードローンでお金借りる
お金を安全・低金利で借りるなら、大手銀行カードローンがおすすめです。

大手銀行カードローンは低金利で、お金を借りられるからです。

月々の利息負担を抑えられます。

ただし、全ての大手銀行カードローンは審査が厳しいです。

審査が厳しいということは、お金を借りるのに時間がかかるということです。

また、カードが自宅に届いて家族にお金を借りたことが分かってしまうケースもあるので、注意が必要です。

低金利を優先ならみずほ銀行カードローン

お金を借りる際、低金利が最優先なら、みずほ銀行カードローンが最有力です。

みずほ銀行カードローンは、金利が年2.0%~14.0%の低さです。

また、利用限度額も最大800万円と高額です。

さらに、WEB完結申込を24時間受け付けています。

お金を借りるのに、余計な手間や時間が不要です。

返済負担を抑えながらお金を借りる楽天銀行カードローン

お金を借りたあと、毎月の返済負担を抑えたいですよね?

それなら、月々の最低返済額が「2,000円~」の楽天銀行カードローンがおすすめです。

お金を借りた額が10万円以下なら、
楽天銀行カードローンでは最低返済額が2,000円なので、毎月の返済負担を抑えることができます。

さらにお金を借りる際、楽天銀行の口座開設が不要です。

提携しているコンビニでのATM手数料も無料なのも、魅力的です。

ただ、お金を借りるときの審査は厳しいです。

学生や20代の人、主婦などは審査を通らない場合もあります。

お金を借りるおすすめ「生命保険」

生命保険でお金借りる
あなたが生命保険に加入しているなら、その生命保険を利用してお金を借りるのがおすすめです。

生命保険を解約すれば、お金を得ることができます。

これを「解約返戻金」と呼びます。

しかし解約なので、その生命保険の補償は全て失ってしまいます。

そんな人のために生命保険には、「契約者貸付制度」があります。

契約者貸付制度のメリット

契約者貸付制度なら保険を解約せずに、お金を借りられます。

しかも大半の契約者貸付制度は、低い金利です。

また契約者貸付制度は、ローンのように定額を毎月返済する必要もありません。

あなたの好きなタイミングで、返済すればよいのです。

契約者貸付制度のデメリット

契約者貸付制度であれ、お金を借りるのですから、利息は発生します。

また当然、返済期限もあります。

返済しないままでいれば、利息がどんどん増えていきます。

この点は、他のお金を借りる方法と変わりません。

また、元利金(借りているお金と利子を足したもの)が解約返戻金を超えると、
たとえ保険料を支払っていたとしても、保険契約は失効します。

生命保険の再加入には、再審査があります。

さらに、保険料が高くなる傾向があります。

つまり生命保険でお金を借りるのは、その場を凌いで、後々の保障をリスクにさらしてしまうのです。

お金を借りるなら給与ファクタリング

給料ファクタリングでお金借りる
あなたが月給を得ているのなら、給与ファクタリングがおすすめです。

給与ファクタリングとは、個人向けの給与前借りサービスです。

サラリーマンなら、誰でも利用ができるのが給与ファクタリングです。

また、基本的に給与ファクタリングは雇用形態を問いません。

つまり、アルバイトやパート、派遣や主婦の方でも利用ができます。

給与ファクタリングのメリット

給与ファクタリングのメリットとして、以下の5点があります。

1.必要なときに柔軟な資金調達ができる
2.フリーター・主婦・信用ブラックでも利用できる
3.即日融資ならぬ即日対応してもらえる会社もある
4.信用情報や審査に影響しない
5.給料の未払いを防止できる

給与ファクタリングは、次の給与を担保にしてお金を借りるシステムです。

ですから、信用情報がブラックの人でもお金を借りられるのが最大の特徴です。

また、給与ファクタリングは

「給与債権を給与ファクタリング会社に譲る」

ことになります。

つまり、給与未払いが発生しても、
あなたは給与ファクタリング会社からお金を受け取っているので、心配無用なのです。

給与ファクタリングのデメリット

給与ファクタリングのデメリットは、以下の3点があります。

1.手数料が必要である
2.会社に資金調達がバレる可能性あり
3.会社が難色を示す可能性がある

給与ファクタリングの手数料はやや高めです。

また、給与ファクタリングは会社を交えた3者間で行います。

そのため、会社が難色を示す可能性があります。

お金を借りるその他の方法

国や市役所で借りる

国や市役所でお金借りる
あなたが、生活保護基準に準じるほどの金銭レベルなら、国・行政からお金を借りるのがおすすめです。

「生活福祉資金」や「緊急小口資金」などがあります。

行政からお金を借りるので、審査は厳しく、お金を借りるまで最短でも2週間はかかります。

郵便局から借りる

あなたが生活費に困っていて、担保を準備できるのなら郵便局からお金を借りるのがおすすめです。

郵便局では、「担保自動貸付け」というお金を借りる方法があります。

最短なら、即日でお金が借りられます。

ただし、郵便局でお金を借りる場合、最大限度額は300万円ですが、貸付期間が1年~2年と短いのです。

そのため、毎月の返済額が高くなります。

最悪、貯金や国債が相殺されてしまう恐れもあります。

JAバンク(農協)から借りる

あなたが農協の組合員・准組合員なら、JAバンク(農協)からお金を借りるのがおすすめです。

JAバンク(農協)では低金利でお金を借りられます。

しかし、審査も担保も必要です。

さらに、最短でも審査に1週間かかります。

またJAバンク(農協)のローンは「組合員による組合員のためのサービス」であり、営利目的ではありません。

そのため、貸し倒れなどを防ぐために審査は非常に厳しいです。

警察から借りる

あなたが財布を落としたり盗まれて、自宅にも帰れないほど切羽詰まった状態なら、警察でお金を借りるのがおすすめです。

警察からお金を借りる制度を、「公衆接遇弁償費」といいます。

最短なら、即日で借りられます。

審査も担保も不要ですが、お金を借りる目的が以下のように制限されています。

• 財布を盗まれてしまった
• 財布を落としてしまった
• 倒れている人を助けたいけどお金がない

お金を返さないと、逮捕されるリスクがあります。

お金を借りるうえで、現実的な選択肢とは言えません。

「ろうきん」からお金を借りる

あなたが普通預金口座を持っているのなら、労働組合員でなくても、「ろうきん」からお金を借りるのがおすすめです。

「ろうきん」でお金を借りる場合、低金利で高額のお金を借りることも可能です。

ただし、最短でも審査に1週間はかかります。

また、「150万円以上の年収があること」が条件です。

年金を担保にしてお金を借りる

あなたが年金受給者なら、年金を担保にお金を借りるのがおすすめです。

年金を担保にお金を借りるなら、会社員でなくてもお金を借りられます。

年金を担保にしてお金を借りる方法には、以下の3つがあります。

1. 年金担保貸付制度(年金前借り制度)
2. 生活福祉資金貸付制度
3. カードローン

「1」と「2」は年金を担保とし、低金利でお金を借りられる公的制度です。

年金担保融資制度は、独立行政法人・福祉医療機構がおこなっている年金受給者向けの融資制度です。

ただし公的融資なので、お金を借りるまでに1.5〜3ヶ月以上かかります。

また年金を担保にするので、将来もらうはずだった年金で返済することになります。

老後の生活が金銭的に苦しくなるリスクがあります。

不動産を担保にしてお金を借りる

あなたが家を持っているのなら、不動産担保ローンがおすすめです。

大金を長期間借りたいとき、銀行などが行っている不動産担保ローンを利用すれば、家を担保にお金を借りられます。

また、不動産担保ローンは使い道に制限が無いので、借りたお金を自由に使えます。

ただし不動産担保ローンは、お金を借りる際に1~3%の手数料がかかります。

加えて、不動産担保ローンは、手続きが非常に面倒です。

お金を借りるまでに、最短でも1~2週間はかかります。

さらに、返済できなければ、担保にした不動産を売却することになります。

つまり、我が家を失うリスクがあります。

生活サポート基金でお金を借りる

あなたが金融機関の審査に通らなかったり、多重債務なら、生活サポート基金でお金を借りるのがおすすめです。

「生活サポート基金」は、東京都新宿区にある一般社団法人です。

担保は不要ですが、審査に最短で5日かかります。

また、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県に住んでいる人しか借りられません。

無職でもお金を借りられますし、お金を借りたことが家族にバレることもありません。

ただし、世帯収入が600万円以下であることが条件など、あくまで貧困対策です。

また、相談員との面談が必須で、その面談の予約を取る必要もあります。

手間がかかるので、生活保護に準じるほど金銭に困っている人が対象となってきます。

学生ローンでお金を借りる

あなた18歳以上の学生なら、学生ローンでお金を借りるのがおすすめです。

学生は安定した収入が見込めないため、他の金融機関ではお金を借りられないのが一般的です。

「学生ローン」は、学生を対象にした金融機関のことです。

金融機関からお金を借りることに変わりはなく、年収の3分の1までしか借りられません。

また「学生ローン」は審査が厳しいので有名です。

借りたお金を何に使うのか、徹底的に追及されます。

そうなると当然ですが、遊ぶためにお金を借りることはできません。

あくまで「学生ローン」なので、学業に関することにのみ、お金が借りられます。

ちなみに返済が遅くなると、若くしてブラックリストに載るリスクがある点は要注意です。

まとめ

お金借りる先見つかる
お金を借りるならどこがいいか、ご紹介しました。
あなたに合ったお金を借りる場所は見つかりましたか?

あなたが早くお金を借りたいなら、今回ご紹介した中の「プロミス」が最適です。
お金を借りる審査が最短1時間で済み、最短10秒で振込キャッシングを受けられるサービス「瞬フリ」があります。

あるいは、あなたがお金を借りたことを家族や友人・会社などに知られたくなければ、
「モビット」をおすすめします。

お金を借りる手続きが全てWebで完結するので、周囲の人達に知られることなくお金を借りられます。
職場に在籍確認の電話がかかってくることもありません。

▼関連記事▼
消費者金融でお金を借りるおすすめ9選!返済ピンチの対処法も伝授!

タイトルとURLをコピーしました